headimg
img1

「倉庫・店舗」での土地活用 5つのメリット

住宅に比べ、人口減少・少子高齢化の影響が小さい

人口減少でアパート、マンションは供給過剰状態ですが、特に倉庫は物流ニーズの高まりでまだまだ需要が見込まれます。

data1

経年劣化が家賃に及ぼす影響が少ない

data2

居住用不動産は築年数により賃料が下落しますが、
倉庫・店舗はその空間に価値があるため、
築年数による賃料下落はほとんどありません。

入居期間が長い

data3

倉庫・店舗は建物内にテナント様自身が設備投資するので、長期入居が期待できます。
また、居住用不動産のように入居者が変わる頻度も少ないため、コストを抑えられます。

倉庫・店舗は万能の“ 箱 ”

data4

倉庫・店舗として利用する他、スポーツ施設やカフェなど
様々な用途への変身が可能です。

初期費用が安い

初期費用を抑えられ、保有期間中もメンテナンス費用がほとんど掛からないため、高い運用利回りが期待できます。

当初利回りが5%のマンションと倉庫の新築を購入・運用した場合の収支比較

※以降に記載する比較数字はあくまで推定であり、現実の数字とは異なる場合があります。

data5

※上記設定は収益と維持費を比較するためのもので、建蔽率、容積率を最大に活用したシミュレーションではありません。
ただし、公平性を維持するため土地価格は路線価に1.5倍したものを使用し、建築単価も相場表から算出したものです。
※賃料単価も実際の相場を活用してシミュレーションいたしました。
※上記の通り、実際に予算が同じでも建築費用と賃料単価から取得する建物の規模や土地面積は異なってきます。

支出

data6

賃料収入

data7

○マンションは2年目、3年目に一時的に賃料水準が上がり、その後はゆっくり経年劣化による賃料下落が始まる
○倉庫は経年劣化の影響を受けづらいため、賃料水準に変化なし

収支

data8

“ワンストップサービス”で
土地活用を総合的にサポート

工場・倉庫はもちろんの事、マンションや店舗などもカバー。
管理やメンテナンス、保険、資産・相続コンサルティングなど
土地活用に係るすべてを網羅しております。

Utilization-img2

当社と一緒に
安定した土地活用を目指しませんか?

banner_tarpweb
leftbanner_hoken
room-up-banner
banner_senior
footertitle