overseas-realestate

不動産投資もグローバルに。
分散効果でリスクを抑えながら、安定的な資産運用を。

日本よりも高い経済成長が期待できる海外に資産を持ち、その成長の果実を享受する、また高齢化で現実味が増している日本経済の縮小から資産を守る、などの理由から、海外不動産投資に興味を持つ方が増えています。当社では、投資目的にマッチした物件を当社と業務提携した現地日本人エージェントを通じてご紹介させて頂きます。

18849829 - rainbow over waikiki beach and  hotels with diamond head mountain

海外不動産を所有するメリット

キャピタルゲインが狙える

国内における不動産投資は賃料収入、いわゆるインカムゲインがメイン。一方、海外不動産投資はインカムゲインに加え、エリアによっては売却益、いわゆるキャピタルゲインも狙うことができます。

分散投資

先述のように仮に日本の経済が縮小した場合、資産が国内資産だけだと大きなダメージを受けることになりますが、資産の一部を海外に持つ事で資産のダメージを和らげることができます。逆に海外の高い成長を取り込んで、資産を効率よく増やすことも期待できます。

高い節税効果

不動産を持つ事で実際にキャッシュアウトを伴わない支出である減価償却費が活用でき、所得税を減らすことができます。一般的に海外不動産は国内不動産に比べ、不動産価格に占める建物の割合が高いので、所得税軽減効果は大きくなります。

海外不動産を所有するデメリット

※通常の不動産投資のデメリットに加え、海外不動産特有のデメリットが存在します。この点を十分に理解する事が重要です。

為替変動リスク

現地通貨ベースで収益が増加していたとしても為替変動の影響で投資資金を下回ることがあります。

カントリーリスク

日本はとても治安が良く平和な国ですが、主に新興国などは政情不安やテロなどが発生する可能性が高く、それらが不動産市場に影響を与えるリスクがあります。

融資を受けにくい

購入資金を借入れで賄うことができる点は不動産投資の大きな特徴ですが、海外不動産の場合、基本的には海外の金融機関から融資を受けることとなります。となると融資審査が厳しく、融資が受けられないということも考えられます。