人口減少の中、これからの有効な土地活用を提案する弊社代表・三浦の著書第2弾
『不利な土地でも儲かる「工場・倉庫」で賢い土地活用』が出版されました!

2022年の生産緑地指定解除―
有効な土地活用として「工場・倉庫」をはじめ、皆様の土地にピッタリな活用法が見つかります!

不動産投資が居住用不動産に偏重している状況に風穴をあけた前作“「工場・倉庫」投資のススメ”から約3年―。

人口減少の進行とともに、地方の賃貸アパート・マンションの収益力は下がる一方です。

築20~30年の老朽アパートでは空室率の増加や家賃の下落抑えることができず、新しいアパートに建て替えて収益力を回復させたいと考えているオーナーも少なくありません。しかし、今後も人口が減り続けることを考えれば、「アパートを建て替える」という選択が正しいのかどうか……。

本書では、建て替えの選択肢として、①アパート、②オフィスビル、③福祉施設、④工場・倉庫の4つを挙げ、それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで工場・倉庫の魅力を訴え、具体的な投資方法について解説します。

さらに、アパートの建て替えのみならず、放置空き家の建て替えにも工場・倉庫が適していることを訴えます。

社長本第2弾詳細ページ(イメージ)

amazon

amazon、全国書店にて絶賛発売中!!