解約時の原状回復でのトラブル

状況

埼玉県某所にて倉庫を所有されているオーナー様から弊社に連絡があり「解約に伴う原状回復について借主とトラブルになっている」との相談がありました。

 

タープの対応

オーナー様に面談し状況を確認致しました。貸主が希望する原状回復が行われていないまま退去されたようで、困っているとのことでした。そこで弊社の方で借主と交渉致しました。借主に確認したところ貸主との行き違いや勘違いなど様々な鬱憤がたまっており、最初は門前払いでしたが、根気よく交渉した結果、双方妥協点を見いだし合意に至りました。その後のテナント付けまで弊社で行い、現在問題なく賃貸中であります。

不動産賃貸業におけるトラブルで多い案件は、滞納・原状回復でのトラブル・設備修繕負担トラブルです。特に原状回復におけるトラブルは借りた時の状態や明け渡す時の取り決めなど不明瞭なケースが多いので、交渉も難航致します。弊社では契約時にある程度退去する場面を想像し契約書を作成アドバイスしておりますが、事業用の管理に不慣れな不動産会社ではそこまでしっかりとした契約書を作れない場合があります。円満な解約も勿論ございますが、契約時からしっかりとした取り決めをしておくことが一番のトラブル防止策となります。

 

ポイント